お城   教会   神社・お寺   その他  

住吉神社

住吉大社とは

住吉大社は神功皇后が自ら住吉大神をお祀りし建立した社です。
鎌倉時代に編纂された「帝王編年紀」という古文書によると、鎮座されたのが摂政11年とされています。
やがて神功皇后もお祀りになられ、平成23年、御鎮座より1800年という節目を迎えました。

なぜ大阪という地に建立されたのかというと、それにはわけがあります。
神功皇后が新羅を平定された際、その帰り道に急に船が動かなくなるというアクシデントに見舞われました。
なぜかと神に尋ねると、住吉大神が大きな港があり玉のように美しく細く突き出た場所にとどまりたいとお告げになった、そのため、住吉の地がぴったりだとここにお祀りすることになったのです。

住吉は当時、大阪湾が今よりずっと内陸に広がっていたので、上町台地が付き出るような形をしていたのです。
仁徳天皇の時代に住吉津が置かれ、遣唐使もここから出発したといいますので、非常に良い湊であったことがわかります。

住吉大神とは

住吉大神は三柱の神様の総称です。
こちらではお祓い、また航海安全、和歌の道、産業育成などについて守護していただけます。
古くよりこの地、また全国で、奉られ、厚い信仰の源となってきました。

古事記などによりますと、イザナギノミコトがイザナミノミコトを黄泉の国まで追いかけて現世に連れ戻そうとしたのですが、失敗し、地上に帰る際、黄泉の国の穢れを持っていたため、海に入ってみそぎを行った、その際、みそぎで清めていると、底筒男命・中筒男命・表筒男命の三柱がお生まれになった、つまり住吉大神がここで生まれたといわれています。

住吉神社は、海の神、お祓いの神様としても崇敬されているのです。
海は生命の源、だからこそ、この住吉神社は命そのものを守護する神様といえるのです。

住吉造りという造りの特徴

本宮は住吉造りで建立されています。
日本古代建築には伊勢神宮の惟一神明造、出雲大社の大社造があるのですが、住吉造というのは、この格式高き伊勢神宮、出雲大社に次ぐ、古き格式の高い建築様式なのです。

屋根はヒワダ葺と呼ばれる檜の皮を敷き詰めたもので、切妻です。
室内は外陣と内陣に分かれていて、柱は丹塗り、壁は胡粉塗り様式です。
こうした住吉造りをみていると、その昔、社が建立される際に、どのような作りだったのか、建築という面から考えても、大変貴重なものだという事がわかります。

住吉神社は、日本全国お稲荷様と始めとして数多くの住吉神社があり、その2000以上もの数がある住吉神社の総本宮となるのが住吉神社です。
国家より格別の計らいとなる、神社の社格、官幣大社が与えられています。
格式高く、歴史的価値も高いこの住吉神社に、様々な魅力を見に行かれてはいかがでしょうか。

No comments.