お城   教会   神社・お寺   その他  

宮地獄神社

1700年もの歴史をもつ宮地獄神社

創建が1700年も前という事を聞くと、この宮地獄神社がどれほどの歴史を紡いできた伝統深い神社なのかわかります。
宮地獄神社のご祭神は息長足比売命(おきながたらしひめのみこと・神功皇后)、勝村大神、勝頼大神です。

ご祭神となる神功皇后は14代仲哀天皇の后、応神天皇の母です。
古事記や日本書紀をみると渡韓の際、この地に滞在され宮地嶽山頂から美しい大海原を臨みて祭壇を設けたといいます。

祭壇を設け、大陸に向けて海を渡る際の海運、目的を果たせるようにとご祈願されたと書かれています。
そののち、神功皇后のすばらしいご功績をたたえるため、主祭神として奉斎し、随従された勝村、勝頼両氏を大神とし、宮地獄三柱大神をお祀りしている神社です。

この宮地獄神社は「何事にも打ち勝つ開運の神」と広く知られ、現在では全国各地に鎮座する宮地獄神社の総本宮とされています。

宮地獄神社が所有する横穴式石室・巨石古墳

ここには300年くらい前に出土したといわれる、日本一大きく、6世紀末あたりに建立されたと予想される横穴式石室を有した巨石古墳があります。
全長が23m、高さ、幅共に5mという大きな石室は相之島の玄武岩を利用した巨石によって創られており、特大の太刀、刀装具、馬具、瑠璃壺、瑠璃玉、ガラス板といった品物が300点も発見されました。

この300点のうち、20点近くが国宝に指定されており、仲でも黄金を惜しげもなく利用した品々には目を見張ります。

金銅製の鐙(足置き用の馬具)については教科書で見たことがあるという方も多いでしょう。
金の七葉唐草文が貼付され、これはオリエントの影響を受けたものとされています。

こうした日本では珍しい黄金の出土、さらに九州北部王朝の口伝などから考えると、宮地獄にお祀りされている神様は崇高であり裕福だとされてきました。
崇高で裕福な神にあやかりたい、多くの人々は開運の神、商売繁盛の神としてあがめ、この地域の信仰のシンボル的存在になったといわれています。

3つの日本一がある宮地獄神社

宮地獄神社には日本一が3つあります。
一つは日本一の大注連縄で、直径2.6m、長さ11m、重さ3tという非常に大きなものです。
注連縄は毎年かけ替えられているのですが、利用する昔ながらの稲の生育から始まり、藁にてなわれるのです。

2つ目は大太鼓、直径2.2mという日本一の大太鼓は、銅に檜を利用しその標目に幾重にも漆を塗り重ねることで音の響きを大切にしているというものです。

鼓面胃は和牛の革を太鼓用になめしたものを利用し、このお太鼓は1月1日午前零時、打ち鳴らされることが高齢となっており、遠く、数キロ離れた場所からも響くといわれています。

最後に大鈴、重さ450kgというとんでもない大きさの大鈴です。
この宮地獄神社を篤く信仰された方が奉納されたもので、以前は大注連縄と共に拝殿に飾られていましたが、何しろ重いということで鈴堂が建立され大太鼓と共に奉安されています。

宮地獄神社に行く際のアクセス

宮地獄神社は福岡県福津市宮司元町にあります。
車で九州自動車道古賀ICから国道3号線、県道495号線を経由し15分程度で到着します。
駐車場は700台あり無料で利用できます。

日の出から日没まで参拝でき、12月31日から1月3日までは終日解放されています。
大注連縄、大鈴、大太鼓、三つの日本一は大迫力、ここ以外で見ることはできません。

No comments.