お城   教会   神社・お寺   その他  

時空を超えた観光

大河ドラマ「軍師官兵衛」プロジェクトの一環

2014年にNHK大河ドラマ、「軍師官兵衛」が放映されました。
戦国時代から江戸時代まで、戦乱の時代を生き抜いた武将の姿が描かれ、類い希な能力を発揮しこの時代における重要な役割を果たした様子を収めています。

とりわけ、豊臣秀吉の下で服部半蔵とともに軍師として活躍し、天下太平の時代を築こうと奮闘した様子は、黒田官兵衛の特長となっています。
豊臣秀吉の死後は、関ヶ原の戦いにおいて東軍、徳川家康側に付き勝利に大きく貢献しました。

その戦功が認められ、九州地方で52万石の大大名として統治を開始することになりました。
この地でも、たくさんの仕事を行いましたが、そのうちの1つが福岡城の築城です。

福岡城は、黒田官兵衛とその息子によって築城され、九州では随一の規模を誇ります。
現在でもその建物が残されていて、市民の憩いの場となっていますし、全国各地から城を見学するための多くの人が訪れます。

その大河ドラマ「軍師官兵衛」にまつわる地域プロジェクトの一環として、この「鴻臚館・福岡城バーチャル時空散歩」がスタートしたのです。

バーチャル体験ができるガイドツアー

このプロジェクトは、黒田官兵衛の時代に戻って、福岡城や、唐や朝鮮との交流の主要なスポットとなっていた鴻臚館を見学するというイメージに基づいています。
つまり、今ある城跡を巡りながら、建造当時の様子を画面を通じてバーチャル体験するというガイドツアーなのです。

このツアーに参加する人には、iPadminiが渡され、城の周りを歩いてもらいます。
音声とともに画面上に出る解説を聞きながら、要所要所を回っていきます。
そして、建築当時の福岡城や鴻臚館の様子がCGによって再現され、その様子が画面に流れますので、まるでその時代に戻って散策しているような気分になれるのです。

築城した黒田官兵衛の気分になれるツアー

福岡城を巡るツアーに参加すると、大手門から城に入って行く様子が、当時の再現CGで見られます。
また、建てられることなく幻となってしまった天守閣も映され、黒田官兵衛が望んでいたであろう城の全貌を垣間見ることができます。

さらに、天守台に登ってみると、当時の城下町の様子が再現された映像が見られますので、城主であった黒田官兵衛が同じ場所で見ていた景色を眺めることができます。

このように、黒田官兵衛の気分と視点に立って福岡城を見ることができるのがとても興味深いところです。
初めて福岡城を訪れる方はもちろんのこと、何回もここに来てよく知っている人であっても、当時の様子を知ることで違う城の顔を見ることができるでしょう。
非常に面白いガイドツアーで、歴史好きの方、城好きの方にはたまらないものです。

No comments.