お城   教会   神社・お寺   その他  

上福岡教会

上福岡教会の歴史

第二次世界大戦後、それまで布教活動などが全く進んでいなかった日本においても、米国から沢山のプロテスタント・キリスト教がはいってきました。
北米キリスト改革派教会もその一つです。
この北溟キリスト改革派教会は、日本キリスト改革派教会と宣教師としての協力を行うことを結び、東日本への教会建築を行う方針を打ち出します。
敗戦後、焦土と化した東京において、ほとんどが機能しない状態から次第に都市機能が回復していき、首都圏に団地などが建設されるようになり、教会の建築も始まりました。そこで上福岡教会も建設されたのです。

上福岡教会は日本キリスト改革派であり、その中でも最初に建設されたプロテスタント教会です。
ブルノギ宣教師が岩波牧師を招き始まった教会です。
1962年5月6日、この上福岡教会で最初の礼拝が行われ、これは電動開始記念日として記録されています。
後、1965年12月12日北米キリスト改革派教会の伝道所から独立し、日本キリスト改革派教会へ加入した日は、教会独立機縁日と呼んでいるのです。

上福岡教会から三つの教会へ

上福岡教会は三つの教会を開きます。
1980年設立の坂戸教会、2002年教会設立となったせんげん台教会、1990年教会設立となった新座志木教会です。

せんげん台教会を作るために初代牧師の岩波牧師を派遣し、その間、上福岡教会には熊田牧師を迎えていました。
2006年になって40年という長い間、活動してきた場所から、鶴ケ丘1丁目にその場を写し、新会堂として、信仰、希望、愛を主軸にまた新たな一歩を踏み出すのです。

改革派教会とは何か

今から500年ほど昔、ヨーロッパではキリスト教の宗教改革が起こりました。
キリスト教はそれ以来、プロテスタとカトリックとなり、いずれも沢山の修道会や教派があり、様々な活動を行っています。

しかしこのような教派の違いがあっても、元々はキリストを神の子そして救い主として信仰する、という点においては同じです。
イエス・キリストを神の子と信じない場合、それはキリスト教ではなく異端とされます。
宗教法人として活動されている、キリストを神の子として信じない団体もいるのですが、これはキリスト教ではないのです。

日本キリスト改革派教会とは

カトリック・キリスト教が日本に伝道したのは、江戸時代以前、戦国時代です。
プロテスタント・キリスト教は江戸時代末期、黒船来航によって鎖国が解かれてからです。
アメリカを主軸に、多くの牧師さんがはいってきて、プロテスタント・キリスト教が伝統的に受け継がれていきました。

そのときの最初のプロテスタント宣教師が改革派の方です。
沢山のプロテスタント教会が幕末から明治にかけて建設されたのですが、第二次世界大戦で、宗教団体法によって教会合同となり、信仰告白、また教会政治が一致のないままに、日本キリスト教団が作られたのです。

No comments.