お城   教会   神社・お寺   その他  

カトリック大名町教会

福岡市中心エリアに位置する教会

カトリック大名町教会は、福岡市中央区に位置する教会で、福岡カテドラルセンターという別称も持っています。
福岡市内の中でも交通量が多い明治通りに沿う形で建っていて、地の利に長けた教会です。
こうしたロケーションの良さもあり、福岡市の地元の人々だけでなく、エリアを越えて他の地域からも大勢の人々がミサを始めとする、教会の活動に参加しに来ます。

このカトリック大名町教会の始まりは、1887年に現在の教会がある場所から少し離れたところに、仮の教会を建てたのがきっかけとされています。
その後現在の教会施設の原型となる建築が始まったのは、明治29年、1896年で、最初は明治時代の建築様式を反映した赤レンガ造りでした。
そして、福岡が1つの教区となり、その福岡教区の中心的な教会であるカテドラルとして認められました。

その後時代が下り、太平洋戦争が終わると、戦争によって疲弊した市民の多くが心の癒やしを求めにこの教会に来ました。
こうした背景から信徒が増加し、以前の教会施設を解体し新しい、さらに大きな聖堂を作ることになったのです。

荘厳な造りのカトリック大名町教会

現在の教会の形になったのは、1986年のことです。
赤レンガ造りの古い施設を取り壊し、鉄筋コンクリート造りの大規模な教会に変化しました。
主祭壇は以前の聖堂のもとを引き継ぎ、現在も同じものが使われています。

扇型に広がる礼拝堂は、上部にステンドグラスをはめこんだ窓がいくつも付けられていて、明るく爽やかな雰囲気を造り出しています。
このステンドグラスは彩色鮮やかで、文化的にも貴重な価値を持っています。

高く取られた天井や独特の礼拝堂の形状、美しい床のじゅうたんなどが相まって、荘厳な雰囲気に包まれている教会です。
こうした雰囲気の中、いつもミサや様々な教会活動が執り行われています。

一年を通じて人々とのつながりを保つ活動を行っている

カトリック大名町教会では、市民と地域に開かれた教会として、いろいろな活動を行っています。
定期的なミサはもちろんのこと、復活祭の祝いやクリスマスに関する行事などには、多くの地域から信徒が集まります。

また、より多くの人が教会の活動に参加できる、バザーや敬老会、納涼会などがあって、地元の人にとっても馴染みやすい教会となっています。
福岡の中心地にあるというロケーションの良さもあって、福岡市内に留まらず各エリアからの訪問があるのがこのカトリック大名町教会の特徴でしょう。

そして、英語でのミサやバザーなどを開催しているため、日本人のみならず在日外国人にとっても重要な教会となっていて、外国人との交流を促進する場所でもあります。
こうした多種多様な活動によって、人々に愛され場所となっているのです。

No comments.