お城   教会   神社・お寺   その他  

水城

外国からの襲来を防ぐため水際に造られた城

水城は、福岡県太宰府市にある国防施設です。
城という字が使われていますが、一般の城にあるような建造物があるわけではなく、土で造られた堤防のようなものです。

水城が造られたのは、朝鮮や中国からの襲来を防ぐためでした。
いにしえの時代より、日本と朝鮮また中国とは、使者を交換したり貴重な品々を貿易したりと、深い関わりを持っています。
その関係は、経済的なものだけでなく、文化的な交流にまで及んでいました。

基本的には友好的な関係を結んでいたものの、どの時代においても、両国間で戦いが生じていたのも事実です。
たとえば、仏教や様々な建築様式が渡ってきた時代でもあった663年、白村江の戦いが起こり、日本はこの戦いにおいて大きな負けを喫しました。
そして、この敗北は中国や朝鮮が日本に押し寄せてくるという懸案を生じさせることになります。

こうした史実の流れにより、外国からの攻撃に対処できるよう、この戦いの翌年、664年に中大兄皇子がこの地に、水城を築かせたのです。

海岸線に沿って造られた大規模な国防堤

この水城は博多湾に面していて、海からの襲来を防ぎ、太宰府を防御するという大きな役割を果たしました。
海岸線に沿って1.2キロもの長さを持つ土塁は、高さが10メートル、幅が80メートルもあり、単なる堤防というよりも、まさに城と言うべき規模を持っていました。

そしてその後背に堀が設けられ、土塁と堀の二重構造で敵の攻撃を防ぐ仕組みになっていました。
この堀も、幅が60メートルにも及び、深さも4メートルもあります。
こうした一大事業をこの時代に行ったとは、大きな驚きを与えるものです。

また、外からの出入りを厳しく制限するために、この水城には2つの門しか設けられていなかったとされています。
とりわけ、外国からの使節などを迎え通過してもらう西門は、桜門として造られ、日本の力を示す壮大なものであったようです。

また、この西門を通って入るとすぐに、水城の背後にある国分寺の七重の塔などが見え、使節への礼を示すことに役立っていたであろうことが分かります。
この門を通じて、大陸から日本へ貴重な宝の品々や、様々な文化財や人物が入って来たことを考えると、まさに日本の玄関口として重要な役割を担ってきたことを思い起こさせられます。

現在でもしっかりと保全されている

大変古い史跡として歴史的価値のある水城ですが、当然現在ではその目的に適う使用はなされていません。
また、しっかりとした建造物があるわけではありませんので、他の一般的な城と比べると観光地としての人気が高いわけでもありません。

しかし、この重要な場所を後生にまで残して、日本の歴史を伝えるために、しっかりと保全がなされています。
現在でもはるか昔の日本の国防の姿を垣間見ることができるのです。

 

No comments.