お城   教会   神社・お寺   その他  

基肄城

たくさんの防人が国防を行った地に建てられた城

基肄城は、佐賀県から福岡県に亘って築かれた日本最古のお城の1つです。
特に、山城という形態ではこの時代に建てられた城は他になく、日本で最初に建造された城と言えるでしょう。

この基肄城が建造されるに至った経緯としては、朝鮮との関係が外せません。
飛鳥時代、西暦600年頃、朝鮮の百済が滅ぼされてしまいました。
この百済と良好な関係を築いていた倭の国は、百済救出のために派兵しましたが、663年に起こった白村江の戦いで、大きな敗北となってしまいました。

この敗戦をきっかけに日本は朝鮮から手を引きましたが、今度は朝鮮や中国が日本を襲うのではないかという大きな恐れを抱くようになりました。
そのために、国防施設を各地に造ることになります。

とりわけ、九州北部は大陸から近い位置にあるため、戦略上の要衝となり海岸付近に様々な防御施設が造られました。
そして、たくさんの防人がこの地方に派遣され、国防にあたったのです。

有明海からの進入を防ぐ目的の基肄城

朝鮮半島からの海軍が来るとしたら、博多湾が1つの上陸ポイントとなります。
この要衝をしっかりと守るために、海岸には水城と呼ばれる土塁を置き、さらにその後方には大野城を造り、太宰府への侵入を防ごうとしました。

しかし、博多湾のみならず、少し大回りして有明海から海軍が侵入してくることも想定されました。
そのため、このルートの防御を固めるために、基肄城が造られたのです。

この城はかなり大きな規模を持ち、山沿いになんと4.2キロにも亘って土塁が設けられています。
また、この土塁の内側には40以上の倉庫と見られる建物の跡が残されており、その規模と配置されていたであろう人員の多さをうかがい知ることができます。

そして、この城に詰める基肄軍団と呼ばれていた防人が組織され、常駐していました。
この軍団は500人にも及び、当時にしてはかなり大所帯であったことが分かります。

現在でもハイキングを楽しめる場所

とても歴史にも価値がありますし、日本の城郭における先駆けになったということから、国の特別史跡に指定されています。
そして、城跡は現在でも見学することができるように、見学コースが設けられています。

城跡は山沿いにありますので、ハイキングコースとしても人気が高く、自然豊かな山と史跡の中を歩くことができます。
また、上の方まで行くときれいな景色を見下ろすことができて、とても気持ちの良い気分になれます。

天守閣がそびえ立つ堂々とした造りの城を見るのも楽しいですが、このような日本の城郭の礎となった基肄城を見ると、城のみならず日本の歴史を垣間見ることができて、感慨深いものがあります。

No comments.